風俗利用経験談

私は、先週生まれて初めて風俗のサービスを利用しました。昔から興味があったものの、なかなか勇気を出せず、今回とうとう利用することになりました。利用したサービスは、デリバリーヘルスの形式でした。ラブホテルで女性と待ち合わせをして、そのホテルでプレイをするという内容でした。店舗を選ぶときには、インターネットの風俗専門店紹介サイトを利用したのですが、利用者の方々の口コミ投稿がやけにリアルで、イメージを持ちやすかった点が印象的です。このサイトで、評判がよく比較的利用料金が割安な店舗を選び連絡を取りました。電話で予約をすることができ、待ち合わせの時間を指定しました。来てくれた女性は、イメージ通りのきれいなお姉さん風の方でした。プレイ内容は、バスルームで一度射精をさせてもらい、その後ベッドルームでもう一度射精をさせてもらいました。股間への刺激は、デリケートさと激しさが入り組んでいて、大いに興奮を感じることができました。

還暦間近の風俗嬢と遊んでみたら、想像以上に興奮できました。

最近、熟女風俗にはまっている私ですが、とうとう最高レベルの熟女を試してみました。今までの最高齢は50代前半の実年齢よりも若く見える熟女だったのですが、今回はあと半年で還暦を迎えるという、実年齢相応の容姿をした熟女でした。実の母親よりも年上の女性はどういったものなのか、ただの興味本位、怖いもの見たさで指名してみたのですが、これがなかなか興奮できたのです。母性をたっぷり感じるぽっちゃりボディー、しかも裸になれば乳輪が驚くほど大きく、それに負けないくらい乳首が大きかったのでした。そんな胸に引き込まれるように飛び込んでいき、たっぷりと揉んだり、舐めたり、吸ったりしました。その間、熟女は私の頭を優しく撫でたり、お尻や股間のほうに手を回してきて、いじくりまくっていました。その手つきは決して激しくないのですが、何ともツボを心得た刺激の与え方で、これは初めての体験でした。ゆっくりまさぐられているのに、気持ちよさは見る見るうちに上昇していく、これこそが還暦間近の匠の技です。動きも遅いし、フェラも浅く、吸引力もそれほど無い。それなのに、それを補って余りあるテクニックでカバーしており、久々に文句の付け所の無い風俗体験となりました。

贅沢な風俗遊びについて

風俗の楽しみ方はいろいろとあります。その中で、複数の女の子から同時にサービスを受けるプレイは非常に興奮します。3Pプレイの場合、料金はその分高くなりますが、デリヘリですと、ラブホテルで待機していると2名の風俗嬢が来てくれるのです。一番最初にこのプレイを頼んだのは、29歳で関西に住み始めた頃の話です。友人から割引サービス特典を使うと、1人半分の料金で2人の女の子と遊べる店があると教えてもらったからです。この時の遊びは一生忘れません。とてもかわいい女の子が同時にブラジャーを外すシーンなど、一度も日常生活で見たことがなかったもので、異常なまでに興奮してしまいました。そんな状態ですから、最初は10分で射精してしまいました。そして少し時間をおいて今度はさっきと別の風俗嬢のフェラチオで射精しました。2人に男性器を同時に舐められたり、4つのおっぱいを同時に自分の顔に押し付けられた経験もこの時が初めてでした。